カテゴリー「福祉」の記事

2014.02.16

福祉の仕事をして結婚して子どもをつくって大学受験のお金も出せる給与体系に?

舛添さん、最初の定例会見(2月14日)で事実誤認もあるようです。また、保育士や介護士の待遇改善について、かなり大きなことを言っていて、期待させて大丈夫かと心配になりますが。

保育新制度の財源は10%に上がる消費税から7000億円、そのほかから3000億円確保して、施設の拡大と保育士の職員配置や待遇改善で質の向上にという話が、1兆1000億円かかりそうで、消費税増税分以外の財源確保も難しいとのことで、質の改善は先送りも検討という報道(『政府、保育への公費投入圧縮検討』2月14日NIKKEI http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1403I_U4A210C1PP8000/ など)も2月13日頃から出ています。それでも、舛添さんは、保育士の...処遇について「消費税3%上がる分がかなりそこにいって改善できる」と。

「私が、保育士とか介護士の改善、大臣のときに始めたときは、そういう税源がなくて、ファンドをつくってやった」という話が、高齢者介護と障害者福祉の職員への月1.5万円の処遇改善交付金(予算決定は麻生政権下、支給は2009年10月~2012年3月)だとしたら、保育士に対しては大臣当時やってない(2013年度から同様の事業はスタート)んだから、この言い方は誤解を招きますよね。

「一生涯保育士の仕事をする、介護士の仕事をして結婚して子供をつくって、子供の大学受験のお金も出るぐらいの給与体系しっかりする。そういうことをきちんとやるところには、国も含めて援助するという方向になっているんで」とまで言い切って大丈夫かなと。

待遇の改善そのものは歓迎で期待したいところですが、徹底した規制緩和路線ですね。規制緩和と待遇改善としての使途制限が両立できるのかも、懸念しています。

☆☆☆☆☆
『舛添知事定例記者会見』(2014/2/14)
※関連部分抜粋 後半と質疑部分で待機児問題など
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/TEXT/2014/140214.htm

 待機児童、まず、認可保育園が国の立場ですけれども、認証保育園、これは今までどおり進めていくということです。だから、完璧に認可を満たしていなくても、いつも私が言うように、10人保育士いないといけないというのは、6割以上ですから、8人もいれば、切羽詰まっているんで、そこからやっていきますよと。で、保育料が高いのは、13時間も預かっているところ、そうじゃない、短い時間で、それは高くなるし。で、アンケート調査をやると、値段が高いということが問題じゃなくて、もっと便利にしてくれということですから、そういうことを、認証保育所規制緩和が1つ。

 それで、私はもう自分も保育で困りましたから、株式会社であれ、個人であれ、誰でもいいからやってくれと、そうしないと、子供を預けられないといったら、女性が、ここにも女性の記者さんおられますけど、仕事やめざるを得なくなっちゃう。それは絶対に避けないといけないというふうに思ってますんで、今の認証保育所、それからですね、もう1つは、多摩ニュータウンとか、光が丘のようなものを高層化して今再生を図っている。そのときに高層化すればスペースがあきますから、1階なんかをショッピングモールだけにするんじゃなくて、特養とか、保育所を入れると、これも改修。

 それから、今日、国と話をしてきました、早速。そしてですね、これまで都の保有地の活用と。ところが、ちょっと調べてみると、やっぱり、いいところを、近くて便利なところはもう既に借りられちゃってて、若干条件の悪いところしか残ってません。そこで、国と、きょう、早速、せっかく大臣をやってたんで協議して、これができることになりました。国の保有地を活用できることに、国から今オーケーとってきました。つまりですね、皆さん東京住んでたらわかると思いますけど、役人の官舎があるんですよ。関東財務局、時々、空き地で関東財務局が保有してますって、札が立ってますでしょう。今、ほら、官舎をどんどん潰しているから、ほんとに国家公務員の宿舎ってめちゃくちゃいいところにある。最高の立地のところに。ですから、これは、はるかに都有地よりいい、立派なロケーションのいいところにあるので、これを使わせてくれ、使っていいということを、国から、今日、私はオーケー出ましたんで、これは大きな味方になります。

 ただ、そのときに、細かい点で、それから、もう1つ、その周りの地代よりもはるかに安い地代で国が認めるということももらってきたというか、話してきました。ただ、あと、そこは、それは、都や区のために使うんだから、ちょっとぐらい、賃料の一部ぐらいあなたたちも出せよという、そういう要望はありますよ。だけど、私が都有地の活用といったときに、あんな不便なところという話が、これで一部解消すると、それが方向です。

 それから、保育士の問題も、2つ問題あって、保育士足りません。おっしゃるとおり。これは消費税が入ります。4月から。これを使って、処遇改善を国もやろうとしてるんで、これで、消費税3%上がる分がかなりそこにいって改善できる。私が、保育士とか介護士の改善、大臣のときに始めたときは、そういう税源がなくて、ファンドをつくってやったんです。これが、財源をしっかりする。

 もう1つはですね、一番問題は介護士と保育士について、なぜみんな途中でやめるかって、キャリアパスがしっかりしていない。課長になって、部長になって、局長になってる、こういうキャリアパスがしっかりしないと、みんなさっさとやめちゃうんです。だから、一生涯保育士の仕事をする、介護士の仕事をして結婚して子供をつくって、子供の大学受験のお金も出るぐらいの給与体系しっかりする。で、そういうことをきちんとやるところには、国も含めて援助するという方向になっているんで、まず、一歩なんですけれども、そういうことで、きょう、私は、国と協議してきて最大の成果は、国有地の活用を許してもらったということです。すごいいい場所にあります。

2012.08.23

障害を抱えながら生きる子どもへの想いも 稲川淳二さん「徹子の部屋に」

最近は新聞などメディアでも、障害のある子どもが生まれたことでの変化、葛藤を話している稲川淳二さん。

徹子の部屋に登場です。

***
テレビ朝日「徹子の部屋」
8月24日(金)13:20~稲川 淳二
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/html/120824.html
「前立腺がんを手術&愛息への思い」
かつては突撃レポートなどで「元祖リアクション芸人」と呼ばれた稲川淳二さんが11年ぶりに登場。昨年末に前立腺ガンと診断され、今年2月に手術を受けた。入院先の病院で看護師を集め、得意の怪談話を披露すると…。稲川さんは2人の息子の父親でもある。障害を抱えながら懸命に生きる次男への想いを切々と語る。
***

2012.07.27

未来へのアクション File4 脱!月給1万3千円

単純に素晴らしいと言える番組になるかどうか。

「働くこと」「仕事」とは?

それでも注目しています。

***以下、番組ホームページより***
Eテレ 7月30日(月)午後8時~8時29分 
NHK「ハートネットTV」
未来へのアクション File4 脱!月給1万3千円
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2012-07/30.html

全国にある障害者の就労支援事業所は、5千か所を超えます。そこで働く障害者のおよそ9割の人が受け取っている賃金は、月におよそ1万3千円。賃金水準の低さは、長年、社会問題として指摘されていて、国も工賃の倍増計画を打ち出しているものの、なかなか改善しないのが現状です。
こうした現状を変えようと取り組みを続けるNPO法人「ワークスみらい高知」。代表の竹村利道さんは、かつて社会福祉協議会で働く中で、単純な作業を繰り返し低い工賃しか受け取れない障害者の人たちが、生きる気力すらも失っていくのを目の当たりにしてきました。「障害者の働く環境を変えたい」と40歳で退職した竹村さんは、手作りパンを売る店を立ち上げ、障害のある人たちを雇用。しかし経営は2年で破綻。最大の原因は、ビジネスに対する意識の甘さだったといいます。「このパンは障害のある人が心を込めて作りました」という、いわば障害を売りにしたビジネスでは、一部の人たちにしか買ってもらえない・・・。そう気づいた竹村さんは、再起をかけて、福祉事業所を運営するNPO法人を設立。新たに掲げた方針は「障害を売りや言い訳にしない」こと、そして「徹底した品質とサービスの追求」でした。
取り組みの結果、地元の人たちの支持を集め、100人以上の雇用を創出。月10万円近い賃金を支払うまでになりました。さらに今では、竹村さんの事業所から一般企業へと就職を果たす人たちが出てきています。番組では竹村さんの取り組みを紹介し、これからの就労支援のあり方を考えていきます。
今回のシリーズは、コメンテーターである津田大介さんの母校・早稲田大学で公開収録。
会場に集まった学生や社会人の皆さんとの真剣な語り合いも見どころです!
ゲストは、元プロボクサーの内藤大助さん。
***

2012.06.15

「心なき福祉 札幌・姉妹孤立死を追う」をあらためてみつめたい

生活保護バッシングが続くなか、

見逃した方、ぜひ!

24分間の動画。

NNNドキュメント「心なき福祉 札幌・姉妹孤立死を追う」
(2012年6月11日 日本テレビ)
http://www.dailymotion.com/video/xrg9j9_nnnyyyyyy-yyyyy-yy-yyyyyyyy_news

2012.06.06

心なき福祉 札幌・姉妹孤立死を追う

多くのみなさんと考え合いたい。

もう、忘れていませんか?

あなたや私に、関係ないですか?

公が果たす役割、福祉って、細くなっていってませんか?

***

日本テレビ系NNNドキュメント
http://www.ntv.co.jp/document/
「心なき福祉 札幌・姉妹孤立死を追う」30分枠
放送時間  :  6月10日(日)24:50~ 
ナレーター : 仮屋昌伸
制作 : 札幌テレビ
再放送 :
6月17日(日) 11:00~  BS日テレ
6月17日(日) 18:30~  CS「日テレNEWS24」

1月、厳寒の札幌のアパートで、40代の姉妹が遺体で見つかった。姉が病死したあと知的障害がある妹が凍死したとみられている。料金滞納を理由にガスが止まった部屋…生活困窮の果ての死だ。姉は生前、生活保護窓口を3回訪ねたが、申請書をもらうことすら叶わなかった。市は「生活保護の押し売りはできない」と弁明。だが、姉の面接記録などから、市の積極的な姿勢は感じられない。孤立死を防ぐために相談者宅を訪問するなど、踏み込んだ対応はできないのか。上田市長は「行政の力量が足りない」とその限界を口にする。3回助けを求めても救われない現実。市民の命を守るはずの福祉行政に、弱者を思いやる心は見えない。

2012.04.19

「一体改革」反対!講演会のお知らせ

めったに特定のイベントのお知らせはしてきていませんが、子ども・子育て新システムを含む「一体改革」に抗する講演会のお知らせです。

***

福祉国家構想研究会主催 講演会

一体改革への反撃と新福祉国家構想

2012年4月22日(日)13:00~17:00

渡辺治氏(一橋大学)、二宮厚美氏(神戸大学)の講演と、保育・障がい者福祉・被災地医療の特別発言

明治大学リバティタワー1012教室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

資料代 500円

ユーストリームでインターネット中継されますので、ご注目ください。
http://www.ustream.tv/channel/fukushikokkakoso

2012.04.03

いまだ続く避難生活 20人が30畳の大部屋で雑魚寝

障害者でなかったら、こんな対応はされていなかったのではないだろうか。

知られていない。

権利ってなんだ?

毎日新聞はずっと取り上げてきた。

それでも・・・。

東日本大震災:知的障害者施設の150人 続く避難生活
(2012/4/3毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120403k0000m040113000c.html

2011.11.27

福岡市のアンケートに障害者が猛反発

私は福岡県出身。

ソフトバンクホークスの熱烈なファンではないけれど、ダイエーホークスが福岡に来たときはうれしかったし、

日本一に輝いた今年、その盛り上がりのなか、街がどうなるか注目している。

そんな矢先、手法も内容も疑問のある行政アンケートのニュースが飛び込んできた。

***
福岡市:アンケートに障害者抗議「福祉手当廃止ありき」
(2011/11/27毎日新聞福岡版)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111127k0000e040004000c.html

 福岡市が「重度心身障がい者福祉手当」の見直しを巡って実施した受給者対象アンケートに、障害者たちが猛反発している。「選択肢が意図的で、手当廃止ありきとしか思えない。自由記述が多く、筆記不能の重度障害者は回答自体できない」としてアンケート撤回を申し入れた。しかし、市は「説明を読めばアンケートの意義は理解してもらえる」などとして撤回を拒否。障害者対象アンケートの問題点を探った。【徳野仁子】

 「アンケート撤回と謝罪を求める」。先月25日、障害者の生活と権利を守る福岡県連絡協議会会長を務める石松周さん(62)らは、福岡市役所で12人の連名による抗議文を読み上げた。秘書課職員が「市長に伝えます」と受け取ったが、市は後日「撤回しない」と石松さんたちに伝えた。

 同手当は、身体障害者手帳1級所持者らを対象に年間1万5000~2万円を支給し、09年度事業費は約3億5000万円。同年の市事業仕分けで「より効果的な障害者福祉事業に振り替えるべきだ」などとされ、「手当廃止」の意見となった。これを受け、市は今年8~10月、受給資格者約1万9000人にアンケートを実施。実際に廃止するかを議論する市社会福祉審議会の検討資料にする予定だが、このアンケートに障害者側が反発した。

 アンケート自体は1枚で設問は5問。「福祉手当のあり方」を尋ねた設問では「予算を全部、別の障がい者施策の充実に充てる」「他の障がい者施策は充実しなくてもよいので、福祉手当を継続する」などの選択肢が並び、福祉施策拡充と手当継続の両方を求める選択肢はない。また、福祉手当の予算をどんな福祉事業に振り替えるべきかの検討材料となる、受給者の社会参加状況などを測る設問もない。

 日本社会事業大の佐藤久夫教授(障害者福祉政策)は「非常に偏りのある選択肢で、これを検討資料とすることは見識が問われるだろう」と指摘する。

 アンケート回答方法も障害者側は問題視した。自由記述が多いため筆記できない重度障害者は回答できず、視覚障害者用の点字文書もなかったためだ。

 抗議の後、市は視覚障害者約220人に点字アンケートを発送。市議会委員会で井崎進保健福祉局長は「配慮が欠けていた」と認めた。しかし「意図的」とされたことについては、「アンケートには、事業仕分けの結果を周知し、意見を募る趣旨もある」(市障害者在宅支援課)とし、設問変更はしていない。

 石松さんは「正確な回答を引き出すにはどうすべきか、良識的に考えれば分かるはず。紙1枚に何もかも入れ込み障害者の人格を冒とくしている」と憤慨。佐藤教授は「自力回答が難しい人には、民生委員などに協力依頼するなど、回答方法の選択肢も保障すべきだ」とも述べた。
***

丁寧さ、配慮を欠いた「上から目線」。

そもそも、私は流行りの「事業仕分け」の手法もおかしいと思っている。

当事者もいなければ、その背景も語られずに、無駄かどうかだけが論議される。

「私たち抜きに私たちのことを決めないで」

最近の障害者運動のスローガンでもある。

これは、障害者福祉だけではなく、生活保護や保育など、岐路に立つ施策にも大切にすべき視点ではないか。

2011.11.11

「介護の日」3回目の誕生日

11月11日は、2008年に制定された「介護の日」

なんか、介護って、よくなりました?

厚生労働省においては、“介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日”として、「11月11日」を「介護の日」と決めました。
※ 平成20年7月27日の「福祉人材フォーラム」において、厚生労働大臣より発表しました。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/07/h0728-2.html

2011.08.10

希望を映す「人生、ここにあり!」

この映画を観て、私たちの生きている社会の狭さ、浅さを感じるとともに、

映し出されていた希望もみえました。

上映されている映画館はとても少ないけれど、

おすすめしたい映画です。

解放がもたらす可能性
(2011/8/10東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2011081002000072.html

映画「人生、ここにあり!」
http://jinsei-koko.com/

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ツイッター

影響されてるよー

注目!